メルセデスベンツ / Eクラスステーションワゴン / E350ワゴン ブルーテック

売約御礼

車両詳細情報

年式 2011(平成23)年式 走行距離 28000km
車検 2年付き 車輌 ディーラー車
リサイクル区分 済別
排気量 2980cc ミッション オートマ
ハンドル 駆動 2WD
燃料 軽油 修復歴 なし
型式 LDA-212224C 車台番号下3桁 002

オプション

エアコン-パワステ-パワーウィンドウ-
ABS-エアバッグ-Wエアバッグ-
カセット-CD-CDチェンジャー-
MD-MDチェンジャー-DVD-
TV-ナビ-ETC-
サンルーフ-キーレスエントリー-スマートキー-
集中ドアロック-パワースライドドア-パワーシート-
本革シート-3列シート-HID/キセノン-
コーナーセンサー-バックモニター-アルミホイール-
エアロ-マフラー-盗難防止機能-
ワンオーナー-記録簿付き-禁煙車-
寒冷地仕様-福祉車両-カータウン保証対象車-

車両コメント

過去の自分のクルマ所有歴から記憶に焼き付いたクルマは、誰しもありますよね
僕の中で、W212のV6 3000cc のディーゼルターボエンジンは、ディーゼルなのにトルクフルな走りで
高速運転時100kmからアクセルを踏みこむと、世の中の嫌な事など全てを忘れさせてくれる様な気持ちの良い加速をしてくれるのです。
残念ながら、後続モデルのW213では4気筒2000ccディーゼルターボでは燃費は15km位走るようになったが、トルクフルな走りは無い
ましてや、現行のEワゴンのAMGパッケージ付きの大きなホイルでペラペラの薄いタイヤを装着した車に乗ると、せっかくのエアサスの乗り心地が
バタバタな足回りになってしまい、いったいメルセデスは何を求めているのか分からないクルマの仕上がりが残念だ。

そんな理由で残念ながら、僕のW123ワゴンの頃からの歴代の世界最高峰のステ―ションワゴンを乗り続ける事は、E220dオールテレンを最後に終息を迎えたのです。
W205のCクラスも良いかと思ったのですが、乗るとEクラスを乗った後だと無理です。

どのメーカー、どのモデルでも良い時期、悪い時期必ずあります。
メルセデスEクラスで言うと、世界的に環境問題でリサイクルが取り座されていた時に作っていたのが、丸目2灯のW210と言うモデル。
車作りにチョット残念な時期でしたよね。
そこからW211、W212と良くなってきました.........とわ言え、W211の前期モデルのブレーキは最悪でしたね

結果、W212は良いクルマかと!
後期モデルの方が、レーダーセーフティが装着されているので良いのは、分かってはいるのですが
低走行車だと、値段が高いのと、やっぱり僕はこのボンネットの、グリルが好きです!
現車は、ワンオーナー、屋内ガレージ保管、禁煙車、全てディーラー整備記録簿と、指が何本も折れてしまう超真面目な優等生です!