MINI / MINI / クーパー クラブマン

155万円(消費税込)

車両詳細情報

年式 2016(平成28)年式 走行距離 77985km
車検 2023年4月まで 車輌 ディーラー車
リサイクル区分 済別
排気量 1490cc ミッション オートマ
ハンドル 駆動 2WD
燃料 ガソリン 修復歴 なし
型式 DBA-LN15 車台番号下3桁 644

オプション

エアコンパワステパワーウィンドウ
ABSエアバッグWエアバッグ
カセット-CD-CDチェンジャー-
MD-MDチェンジャー-DVD-
TV-ナビETC
サンルーフ-キーレスエントリースマートキー
集中ドアロックパワースライドドア-パワーシート-
本革シート-3列シート-HID/キセノン-
コーナーセンサー-バックモニターアルミホイール
エアロ-マフラー-盗難防止機能-
ワンオーナー-記録簿付き-禁煙車-
寒冷地仕様-福祉車両-カータウン保証対象車-

車両コメント

MINIって会社は大したもんです。
だってモデルのラインナップは、通常のミニとクラブマン、クロスオーバーだけしか無いにも関わらず
VWだってビートルの生産をやめたのに、継続して販売し続けるとわ、素晴らしい事だと思う。

なぜ、ビートルは無くなってしまったのにミニは残っているか?
その理由は、コンパクトなのと、4ドアとワゴンがあるからだったのでしょう?
だけど、クーパークラブマンのフル装備だと新車で500万円以上するんですよ!
僕はいらないけど、買う人がいるのが凄い!
小さいくせに、高価であるからこそ、そこにステータスが生まれるのだろうか?
60歳過ぎの初老の御夫婦が、小さいクルマを求めても軽自動車はプライドが許さないし
ぶつかった時に死んでしまうから買わない。
確かにミニの存在は、微妙だが位置づけは良い
乗っている、運転している自分を見ても、お洒落に写っている気がする。
日常の足として考えるには、良いかもね。
買うなら、前期モデルと間違えなく乗りやすく、壊れなくなった今回のような後期モデルを選ぼう!