フォルクスワーゲン / カラベル / oettinnger wbx6

売約御礼

車両詳細情報

年式 1990(平成2)年式 走行距離 174000km
車検 2020年12月まで 車輌 新車並行
リサイクル区分 済別
排気量 3710cc ミッション オートマ
ハンドル 駆動 2WD
燃料 ガソリン 修復歴 なし
型式 不明 車台番号下3桁 916

オプション

エアコン-パワステ-パワーウィンドウ-
ABS-エアバッグ-Wエアバッグ-
カセット-CD-CDチェンジャー-
MD-MDチェンジャー-DVD-
TV-ナビ-ETC-
サンルーフ-キーレスエントリー-スマートキー-
集中ドアロック-パワースライドドア-パワーシート-
本革シート-3列シート-HID/キセノン-
コーナーセンサー-バックモニター-アルミホイール-
エアロ-マフラー-盗難防止機能-
ワンオーナー-記録簿付き-禁煙車-
寒冷地仕様-福祉車両-カータウン保証対象車-

車両コメント

この物語は、ロングロングアゴーから始まります。

日本に輸入されたエッティンガー自体は、公表上で7台ありました。
そのうち wbx6は、5台。
1台目は、ネット等で公表されている炎上してしまったホワイト。
そうすると、現存するwbx6は4台と推測する。
そして2台目は、当社にあるガンメタリック。
3台目は都内の御寺で所有され、現在は関東地域のどなたかが所有され、過去に当社ヘエンジンオーバーホールの依頼が来たのが1台。
そして4台目は数十年前に、某ウエットスーツオーナーに販売され、四国のサーフショップオーナーの手に渡ったホワイトが1台。
最後の5台目が、どちらにあるかは不明なのが所在を御存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。
残りの2台のエッティンガーは、4気筒エンジンのエッティンガーで、
1台は当社で販売させていただいたレッドボディーのエッティンガー(現在友人の工場でエンジンオーバーホール中)
そしてその1台(エアロ付き)を所有されていたツーオーナー目の方が本日、
御来店いただき10年間所有されていたころの話をされていきました。
残るはエアロキット無しの4気筒エンジンガ一台あったと聞いております。
以上が、僕の知っている国内エッティンガーのルーツです。

ほぼ日本上陸した100%のエッティンガーが、東京銀座に店舗を構えていたTOYsBOX(川喜多エンタープライズさん)から
ドイツへフルオーダーされたクルマと言っても過言ではないと。
このオーダーの仕方が、クルマ好きのTOYsBOXのスタッフに感心させられるところが見受けられる。
現車を見ると、左ハンドルなのに左スライドドアなのに気付くだろうか?
通常のドイツ仕様は左ハンドル車の場合は、右スライドドアになってしまうのだ。
こんなところにも、TOYsBOXの粋な計らいが感じ取れる。
細かい点では、シートヒーター、ABS,セカンドシートの背もたれだけが分割して倒れる事、
ほんの些細な点だが、ヴァナゴンを熟知した者だけが気付く忖度とも、取れる心遣いだ!
いや、心使いもあるが、経営者&スタッフは楽しみながらドイツにオーダーしていたんだろう!

そして希少な1台が当社のショールームに入っているのですが、
僕と、このエッティンガーとの出逢いは数十年前にさかのぼるのです。
ある天気の良い日に、いかにもお金持ちそうな白髪の紳士が、買取で当社に入場したのが初めての出会いでした。
残念ながら、この時の買取の話は上手くかみ合わなかった。
しばらくすると、都内の外車屋さんのホームページに載っていたのまでは、知っていた。
それから何年か経過したある日、関西一般ユーザーから一本の買取依頼が舞い込んだ!
まさに、都内の外車屋さんから購入されたエッティンガーのようで、僕が買取できなかったエッティンガーだったのだ!
僕は、運命的な流れを感じ、たしか渋滞真っ最中のゴールデンウィークにも関わらず東名高速を、セフティローダーで大阪へ向かい
楽しい会話の末に、ローダーの後ろにはエッティンガーを積んでルンルンと帰ったのでした。

買取する際にすでに気付いてはいたんですが、エンジンから異音が発生していてバルブの頭を打っていました。
前オーナーに問い合わせると、某関西のT3で有名な整備工場でオーバーホールされて整備明細も車内にあるとの事。
現車と見比べ確認すると、エンジンを下ろす際に触らなければ外せないネジが外された形跡なし.......
恐ろしい作業明細を見てしまいました(驚)
そんな訳で、当社で販売する時にエンジンを下ろしてオーバーホールして販売しました。
そして前オーナーには5年ほどお乗り頂いたのですがその間に、オーバーヒートでもう1度エンジンを下ろしてオーバーホール。
前オーナーは、旧車を何台もお持ちになられている、とても理解のあるユーザーで完全に紫外線の当たらないガレージで保管。
過剰整備を含めこのoettingerの今後の生き方に影響力のある貢ぎ方をしていただき、推定450万円ほど........(汗)
日本で生息する天然記念物級の扱いをしていただけたのでは、なかなか出来ることではなくoettinnger 本人に代わって御礼申し上げます。

願わくば、恵まれた良い嫁ぎ先へ行くことを望みます。

.........他の画像はもうしばらくお待ちください。
注)写真のサイドオーニングは付属しません。