メルセデスベンツ / Eクラスステーションワゴン / E280

売約御礼

車両詳細情報

年式 1995(平成7)年式 走行距離 95796km
車検 2020年4月まで 車輌 新車並行
ホワイト リサイクル区分 済別
排気量 2790cc ミッション オートマ
ハンドル 駆動 2WD
燃料 ガソリン 修復歴 なし
型式 -124088- 車台番号下3桁 920

オプション

エアコンパワステパワーウィンドウ
ABSエアバッグWエアバッグ
カセット-CD-CDチェンジャー-
MD-MDチェンジャー-DVD-
TV-ナビ-ETC
サンルーフ-キーレスエントリー-スマートキー-
集中ドアロックパワースライドドア-パワーシート-
本革シート-3列シート-HID/キセノン-
コーナーセンサー-バックモニター-アルミホイール-
エアロ-マフラー-盗難防止機能-
ワンオーナー-記録簿付き-禁煙車-
寒冷地仕様-福祉車両-カータウン保証対象車-

車両コメント

本来T-WORKSの歴史を刻んだ車としてW124モデルには、足を向けて寝れないものがあります。
僕自身、新車でW124モデルはスタート時の1986年~1996年までキッチリ販売させていただいた思い出まで
かなり濃く残っている次第でして.......

そのW124時代での、僕が勝手にランク付けをするとナンバーワンは1992年の300TE左ハンドルモデルでエアーバック付きかな?
そして、ナンバーツーが今回入場した1995年 E280ワゴン左ハンドルなのです。

その理由は.........
E320モデルの方がエンジン排気量が大きいのだが、ミッションがセカンド発進のため個人的に好きではない。
しかし、E280はロー発信のため、街乗りしやすい。
ただし、正規輸入のディーラー車だと右ハンドルの設定しかないため、重たいアクセルを踏まなくてはならない。
理想は、アクセルワークの軽快な、左ハンドルのE280なのだ!
そこで、数十年前からソコにこだわっていた僕は、数少ない新車並行のE280ワゴン 左ハンドルを狙い全国のオークション会場をチェックしていた。
縁あって数台の新車並行のE280ワゴンを仕入れられたが、全てがコンデションが良くはなく、新車当時のコンデションに戻すのにもかなりの時間と
費用、そしてこの車を購入してくださった当社の御客様にも協力いただき完成度の高いS124を維持できた。
最大の理解は、「品川34」ナンバーだろう!
このナンバーを維持するには、かなり苦労をした。
今回のE280ワゴンもそうだが、クルマの買取店なんかだと、二桁ナンバーの34どころか33ナンバーでさえ、簡単に抹消してしまい
この世の重要記念物を抹殺してしまう。
だから、僕は買取屋さんが嫌いだ!
クルマ好きが先にあるのではなく、金儲けが先にあるから、希少なナンバーでさえ抹殺する事が出来るのでしょう。
抹消しなくても済む方法など幾らでもあるのに..........(怒)
とにかく、おそらく、間違えなく、今回のE280ワゴンは秒殺で販売してしまうのではないかと自負しております。
恐縮ですが、あらゆる環境をクリアできる御客様を選ばせていただき、販売させてください。