フォルクスワーゲン / ユーロバン / CV

298万円(消費税込)

車両詳細情報

年式 1994(平成6)年式 走行距離 41895km
車検 2年付き 車輌 新車並行
リサイクル区分 済別
排気量 2450cc ミッション オートマ
ハンドル 駆動 2WD
燃料 ガソリン 修復歴 なし
型式 不明 車台番号下3桁 531

オプション

エアコンパワステパワーウィンドウ
ABSエアバッグ-Wエアバッグ-
カセットCD-CDチェンジャー-
MD-MDチェンジャー-DVD-
TV-ナビ-ETC
サンルーフ-キーレスエントリー-スマートキー-
集中ドアロックパワースライドドア-パワーシート-
本革シート-3列シート-HID/キセノン-
コーナーセンサー-バックモニター-アルミホイール-
エアロ-マフラー-盗難防止機能-
ワンオーナー-記録簿付き-禁煙車-
寒冷地仕様-福祉車両-カータウン保証対象車-

車両コメント

何といっても、走行距離41895kmが自慢のユーロバンキャンパーです!

中古車の相場の基準すべてが走行距離ではないのですがT-WORKSでは、あくまでも走行距離を重視します。

全てのユーザーが、そうではないのですが走行距離が、その車の使用頻度をある程度知らせてくれるのです。
確かに走行距離が少なくても、前オーナーがヘビースモーカーとか、すんごい体臭の持ち主とか、獣臭い動物などを同乗していたとかetc......
そんなことが、ありうるので僕のクルマの仕入れは、どんなに遠方でも、ほぼ100%クルマのある場所へ向かい現車を見て、
エンジンなどの音を聞いて、室内の匂いをクンクンとかいで、最後に自分の手でハンドルを握り試運転をして、自分が納得してから仕入れます。
まさに、自分が購入するつもりのウキウキした気持ちで。
でもこれは、プロのクルマ屋としてあたりまえの行為。
普通の買取屋さんとは、違います!
買い取った車を、トラックにのせてドナドナしません。
ちゃんと、育てて良い性格のにして、ストレスのない広々した次の牧場への架け橋をT-WORKSでは、心掛けています。

今回のユーロバンCVを含め、T-WORKSで他店では行わない、過剰整備を含めた納車整備をして、T-WORKSオーラ満載で御納車させて頂いた車が街を走っている姿を見て
第2第3のユーロバンキャンパーファンが増える事が、一番嬉しいことなんです。

これは、余談ですが.........
最近、T3、T4の価格が高騰しています。
ユーザーの方におかれましては、便乗して高額を提示しているクルマ屋さんも出没しています。
「どうも、T-WORKSのホームページ見ていると売れてそうで、儲かると思うからT3,T4を仕入れて売ろう!」なんて思って販売しているんでしょうね。
確かに、T-WORKSのT3,T4は売れています。
しかも高額で、市場の価格をリードしているとも意識しています。
ただしT-WORKSは、なんちゃってヴァナゴン屋さんではなく車両販売価格には、海外から取り寄せた消耗パーツをふんだんに交換している事を
称するビッシリと書き込まれた、分解整備記録簿を納車時にお渡ししているのです。
(それでも、全ての交換をしている訳ではないので、100%故障しないヴァナゴンは用意は出来ませんよと、付け加えて........)
脅かす訳ではありませんが、シリンダーヘットにクーラント漏れのよだれの跡見たいのが残ってませんか?
燃料タンクは樹脂ではないので、タンク内は錆びてませんか?
リヤエンジンから、フロントのラジエターまでの長さのアッパーとロアのウォーターホースは大丈夫ですか?
なんちゃってヴァナゴン屋さんは、車両価格は真似できても、長年に渡って学習してきた壊れやすい箇所、消耗しやすいパーツを理解してません。
それに加えて、海外からの送料が高額になったのも分かるんですが、並行パーツ屋さんに高額を吹っ掛けられます。
(注)OEMパーツはすべてが優秀ではありません、安いと思って購入した燃料ポンプも,ものによっては数日でダメになる事も.........

本音言って、僕自体中古車並行は残念ながら買いません。
正確に言うと、買えません!
理由は、ほぼ走行距離が20万km~30万kmオーバーがざらで、50万kmも走っているような、独特のヤツレ感があるのです。
個人の感覚の相違はありますが、国内で加走行と呼ばれるヴァナゴンならば、リフレッシュは可能ですし、可能でした。
ただし、海外のはかなりの高額を貢がないと、リフレッシュできないのです。
だって、資格なんて必要としない国のメカニックもしくは素人がガレージで楽しみながらの(苦戦しながら)整備がほとんどですかね。
自分にとっての、良いヴァナゴン探しって難しいですね!