メルセデスベンツ / 190クラス / アンファング

95万円(消費税込)

車両詳細情報

年式 1990(平成2)年式 走行距離 49852km
車検 2年付き 車輌 ディーラー車
リサイクル区分 済別
排気量 1990cc ミッション オートマ
ハンドル 駆動 2WD
燃料 ガソリン 修復歴 なし
型式 車台番号下3桁 957

オプション

エアコン-パワステ-パワーウィンドウ-
ABS-エアバッグ-Wエアバッグ-
カセット-CD-CDチェンジャー-
MD-MDチェンジャー-DVD-
TV-ナビ-ETC-
サンルーフ-キーレスエントリー-スマートキー-
集中ドアロック-パワースライドドア-パワーシート-
本革シート-3列シート-HID/キセノン-
コーナーセンサー-バックモニター-アルミホイール-
エアロ-マフラー-盗難防止機能-
ワンオーナー-記録簿付き-禁煙車-
寒冷地仕様-福祉車両-カータウン保証対象車-

車両コメント

今年の10月の事です。
「関西のYANASEにいた友人より紹介してもらって、電話しました!
父親が乗っていて、長らく置きっぱなしになっている190Eを買取してくれませんか?」

僕は以前にも数台のメルセデスを関西の某YANASEにいた方から紹介を得て、出向いた事があり
どれも的を得たコンデションの良い車で、すぐに関西空港行のチケットを予約した。

朝一番の飛行機で現地へ到着し、拝見させて頂くと............
確かにワンオーナーで、完全密閉式のガレージには入ってるが、各所のブラックモールが生きて無い。
ドアの内張り上部も縮んでいるで、恐らく100%のガレージ保管では無く、屋外にも置かれている事があったのだろうと、納得はした。
ただし、内装は清潔で28年前を感じさせない位、使用感が少ない。

それよりも、車には至って変態な僕は、パワーウインドウではない手巻きのハンドルでガラスを上下させるのが新鮮で仕方なく、
フロント、リヤ共にアームレスト無しで、当時の190Eラインナップのプライスリーダー的な存在だった事を思い出し
当時、僕も一台だけ新車で販売した記憶がよみがえった。

この希少な190Eは、平成21年より車検を継続していなかったため、約9年間もエンジンもかけられずに、完全密閉の屋内ガレージに保管されていたのだ。

9年間エンジンをかけないとどういう事が発生するかと言うと............
まず、燃料が腐ってしまい燃料の役目を果たさず、ドロドロになってしまうのです。
このエンジンをかけ、スタートさせるためにかなりの苦労があるのです。
燃料の通るラインのほとんどを交換し、もちろん燃料ポンプ、フィルター、燃料タンクetc..........
金額にして数十万円がかかってしまうのです。
でもある意味、この190Eに御興味を持って、お買い求めいただくお客様にとっては、安心できる内容の整備を施しますので良い話です。
そして、そこまでの苦労をしても再生させる意味を持ち合わせるのがW202 190Eだと信じて僕達はプライドを持って販売いたします。