メルセデスベンツ / Cクラス / C200

115万円(消費税込)

車両詳細情報

年式 2009(平成21)年式 走行距離 13950km
車検 2020年1月まで 車輌 ディーラー車
リサイクル区分 済別
排気量 1790cc ミッション オートマ
ハンドル 駆動 2WD
燃料 ガソリン 修復歴 なし
型式 DBA-204401 車台番号下3桁 035

オプション

エアコン-パワステ-パワーウィンドウ-
ABS-エアバッグ-Wエアバッグ-
カセット-CD-CDチェンジャー-
MD-MDチェンジャー-DVD-
TV-ナビ-ETC-
サンルーフ-キーレスエントリー-スマートキー-
集中ドアロック-パワースライドドア-パワーシート-
本革シート-3列シート-HID/キセノン-
コーナーセンサー-バックモニター-アルミホイール-
エアロ-マフラー-盗難防止機能-
ワンオーナー-記録簿付き-禁煙車-
寒冷地仕様-福祉車両-カータウン保証対象車-

車両コメント

T-WORKSは、突然のユーモラスな発想と刺激を大切にしています。
そんな僕にも、隅っこの方に石橋を叩いて渡るどころか、叩きすぎて橋を壊してしまうような、
いたって真面目な、お堅い役所の人みたいな部分も持ち合わせているのを59才にもなると、自分でも知っています。

そのお堅い自分の好みの車はやはりメルセデスなんです。
とちらかった例えですが、ここに4台の車が目の前にあります。
一台はレクサス、もう一台はBMW、もう一台がVOLVO、そして最後に、メルセデスベンツ
今から大阪へ行って、トンボ帰りで帰って来いと言われたらどれを選びます?
運転する人の年齢にも体力の問題ありますが、極端にわかりやすい僕の性格は.........
まず、レクサスはボツです。
なぜかっていうと、簡単です。
同じ人種に思われたくないからです。(繰り返し言っておきますが、あくまでも僕の一方的な考えによってコメントさせて頂いておりますのであしからず)
次はBMWですが、昔からT-WORKSにはBMWの入庫が非常に少ない事に、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、その原因はメルセデスの存在にあるのです。
要するにメルセデスベンツを一度経験してしまうと毛並みが似ているせいか残念ながらBMWは必要としないのです。
M.BENZ>BMWっていう図式が出来上がるのです。
もちろんBMWの方がモータースポーツ感覚あふれた骨格の太い車だと言う事は理解してます。
ただし、60才を目前にすると必要以上にゴツゴツとした固い足回りとか、タイトなスポーツシートは必要ないのです。
次はVOLVOです。
正直、ちょっと迷いました。
スピードは、この年齢になるとそんなに望みません。
内装の質感と安全性、それと感覚的な問題ですが、乗っている人種の良さにも惹かれます。
人生をガツガツせずに、人と争う事を嫌がり、こじんまりとした気品さも車種によって漂わせているのがさいきんのVOLVO。
XC40なんて、乗りたい車ですね。
だけど、自分が乗る車ではないのです。
あくまでも奥さんとか娘とか、息子の車の存在にしか、辛口の僕には写ってしまうのです。

総評!
まぁ、今回の自民党総裁選なような出来レースでして、やっぱりメルセデスなんですよ。
誰でも運転でき、自分の体調が悪い時でも思い描いたように走ってくれるし、世界最高峰の安全性、60歳まじかのプライド、
そして今回のような、前オーナー某保険会社重役のワンオーナー、屋内ガレージ保管車、禁煙車、整備はすべてYANASE磯子支店であることは
間違えなく石橋を壊してしまう性格の方向けであることは間違えないでしょう!

最もお安く世界トップクラスの安全性と操縦性を手に入れるチャンスです!